Web会議システム徹底比較サイト » Web会議の無料版を試す

Web会議の無料版(お試し版)を試す

導入するにも多大なコストがかかるWeb会議ですが、各社とも無料で試せる無料体験版を提供しています。使用できる機能も一部制限がかかる場合があるものの、使い勝手や実用性を調べるには十分な材料と言えます。

当サイトに掲載しているWeb会議システム3社は、クラウド版を保有しているため、インストール不要で手軽に開始できるのも利点の1つです。
トライアル期間は、各社によって違いはありますが、無料で試用することで操作性や自社の要件にあっているかの確認ができます。

無料体験版の操作方法に関しては、各社とも専任のオペレーターを用意していますので、正式版同様のサポートを受けることができます。
相談をすれば、丁寧に機器の揃え方から順に説明をしてもらえますから、専門知識が無くても充分対応できます。

Web会議システム各社の無料体験版を紹介

V-CUBE ミーティング(ブイキューブ)

有料製品のシステム

高画質、高音質・WebRTCに対応・テレビ会議連携・PC画面、アプリ画面共有・モバイルでの使用

Web会議で利用する頻度が高い機能が操作しやすいようにと考えられています。そのため、画面は有料製品であってもとてもシンプル。パソコンからはもちろんですが、画面が小さいスマートフォンやタブレット端末でも使いやすいようになっています。

その他、海外での使用・外国語会議・電話会議連携・サイボウズ連携・テレビ会議接続など様々な機能があります。

Office365との連携
マルチデバイスに対応

Web会議は、iOS・Android専用アプリにより、スマートフォンやタブレット端末からも実施することが可能です。外出先や遠隔地にいても、気軽に会議が開催できます。

外国語会議の翻訳機能

外国語のWeb会議であっても、音声認識技術を使い、自動翻訳を行います。リアルタイムで翻訳を行うことによって、外国語会議の内容が理解しやすくなります。

そのうち無料版で使える範囲

無料トライアルのアカウントに登録することで、サービスの無料体験ができます。ただし、体験できるのは基本となるサービスのみ。オプションサービスは無料版で体験ができないものの、問い合わせをすることでオプション機能も試すことができるようです。

無料期間

ホームページで期間は確認できなかったため、アカウントに登録する際に無料で試せる期間を確認しておきましょう。

Cisco Webex(シスコシステムズ)

有料製品のシステム

Cisco WebEx・Cisco WebEx Meeting Center・Cisco WebEx Event Center・Cisco WebEx Training Center・Cisco WebEx Support Center

モバイル端末からでも会議が主催・参加できる

PCで使用することが多いWeb会議ですが、スマホやタブレットでもアクセスできます。参加はもちろん主催もでき、外出先から会議を開きたい、というときに役立つ機能です。

安心安全なセキュリティ

WebExの管理サイトを使用することで、セキュリティーポリシーの設定ができます。安心・安全に会議が開催できるでしょう。

そのうち無料版で使える範囲

期間中であれば、何度でもミーティングの開催は可能です。また、ミーティングの際は最大10拠点同時参加も無料版で体験することができます。ただし、有料版との違いは音声がVolPであるということ。製品版は電話音声との混合会議が可能である統合型音声利用することができますが、無料の場合はVolPのみとなっているので気を付けましょう。

トライアル期間中でも無料サポートとオンライントレーニングを受けることができるため、使い方も無料版を使用している間にマスターできそうですね。

無料期間

14日間です。じっくりと使い心地を試すことができます。

ZOOM

有料製品のシステム

ZOOMは無料のほか、月額費用2,000円のプロプラン、2,700円のビジネスプランがあります。

事前のID登録が必要なし

面倒なサインアップ(ログイン)の作業や、事前のID登録が必要ありません。参加者は共有されたURLをクリックするだけで、簡単に会議に参加することができます。パソコンが苦手な方でも、問題なく会議に参加できるでしょう。

映像圧縮技術で少ない通信量

ZOOMは映像圧縮技術を用いており、他のシステムと比べて少ない通信量で、映像・音声を安定して通信することが可能です。

そのうち無料版で使える範囲

画面共有、チャット、録音といった基本的な機能は無料版でも使うことが可能です。1対1のミーティングなら時間無制限で行なえます。

ただし、3人以上の複数人で会議を行なう場合は、40分の時間制限が発生するため、40分以上を要する場合は繋ぎ直さなければなりません。参加人数は100人までという制限もあるため、長時間に及ぶ大人数での会議があるようなら、有料版への移行をおすすめします。

無料期間

期間はありません。無料で使い続けられますが、その場合は制限が多いのが実情です。

Web会議システムと無料ツールを比較する

Web会議システムと無料ツールそれぞれの特徴と違いについて比較しています。納得のいくシステムを導入したい方はぜひ参考にしてください。

Google Meet

Googleが提供するコミュニケーションツール「Google Meet」は、以前はGoogleハングアウトという名称でしたが、2020年4月に変更されました。チャットでのやりとり、複数名でやりとりできるグループチャット、画面越しでやりとりできるビデオ通話、音声通話を無料で利用できます。なお、Android端末には専用アプリが標準搭載されています。

Skype

Web会議サービスは複数名が利用できるものの、Skypeは「グループビデオ(複数名でのビデオ通話)」の利用は有料になります。また、会議上の履歴内容をバックアップできず、あくまでコミュニケーションのみに特化したサービスのため、一般的なWeb会議サービスと比較すると一部機能が見劣りしている印象を受けます。

Microsoft Teams

Microsoft社が提供するMicrosoft Teams(マイクロソフトチームズ)は、オンライン会議・ビジネスチャットを行えるほか、同社の製品であるWordやExcel、PowerPointとの連携がスムーズに行えます。

chatwork

chatworkは、LINEのように無料で手軽にコミュニケーションができるツールです。チャットがメインの機能となりますが、ビデオ機能を使用することでWEB会議の開催も可能です。

無料でできるweb会議~有料版との比較~

無料版と有料版の違いを導き出すとともに、WEB会議システムの特徴を比較しています。

社内会議用

おすすめWEB会議システム3
V-CUBE
ミーティング
ブイキューブ
Cisco Webex WebEx
ZOOM ZOOM
月額費用 お問い合わせください~2,980~2,700円
アプリケーション共有ファイルをリアルタイムに全参加者と共有
○ ○ ○
デスクトップ共有デスクトップ画面全体を共有可能
○ ○ ○
録画やり取りを録音・録画して保存可能
○ - -
ファイルの保存・転送会議中に使った資料や、メールでは大きすぎて送れない資料の共有
○ ○ -
ホワイトボード文字や図の記入、画像の読み込みなどが可能
○ ○ ○
外国語翻訳会話をリアルタイムに翻訳して会話内容と翻訳内容をテキスト表示
○ - -
アンケート機能質問やアンケートを実施することが可能
○ ○ -
IPアドレス制限許可のない人の参加を防止できる機能
○ - -
チャット機能文字によるメッセージの共有が可能
○ ○ ○
100拠点以上対応同時に接続できる拠点数が100を超える
○ ○ ○
オンプレミスでの提供自社で情報のシステムを保有し、自前の設備で運用する方式
○ ○ -

公式サイト

公式サイト

公式サイト

2018年度のシェアランキングTOP3を比較。参照元:シード・プランニング(https://www.seedplanning.co.jp/press/2019/2019032001.html)

※Cisco Webexは3プランあり(1,480円、1,980円、2,980円。税表記なし)。ZOOMは3プラン(無料、2,000円、2,700円)で、無料版では機能が制限されています。

無料版あり

おすすめWEB会議システム3
Google Meet Google
Skype マイクロソフト
chatwork live Chatwork
参加者アカウント不要アカウント登録なしでスタートできます
○ - -
1対1ミーティング
時間に縛られずに会議を行なうことができます
- ○ -
画面共有 自分のパソコンの画面を相手に表示させる機能
○ ○ ○
セキュリティ第三者によるデータの盗聴やなりすまし、改ざんなどを防ぎます
2段階認証プロセス E2E暗号化 SSL/TLS
人数一度の会議に参加できる人数
最大250名 最大50名 最大14名

公式サイト

公式サイト

公式サイト

無料期間が無制限かつ、セキュリティ面について公式HPで明示されている製品を比較

商談用

おすすめWEB会議システム3
V-CUBE
セールスプラス
ブイキューブ
ベルフェイス ベルフェイス
B-room Bloom Act
資料共有 エクセルやPDFなどの資料の共有
○ ○ ○
チャット機能文字によるメッセージの共有が可能
○ - ○
トークスクリプト 話したい内容を事前に準備でき、自分だけが見ることができます
- ○ ○
同時接続3名の場合
の月額料金 同時接続できる人数
44,400円(税別)45,000円(税別)35,000円(税記載なし)
相手の対応 WEB会議をする際に相手側に行ってもらうこと
URL入力電話URLorワンタイムパスワード

公式サイト

公式サイト

公式サイト

月額費用が公式HPに明示されている3製品を比較

設計・製造用

おすすめWEB会議システム3
V-CUBE
コラボレーション
ブイキューブ
Fresh Voice エイネット
Cisco Webex シスコ
同時ペン作画リアルタイムで複数人で図面に書き込みができます
○ - ○
CAD共有対応重い3次元データもスムーズに共有できます
○ ○ ○
画像共有画像データなどを同じ画面で共有できます
○ ○ ○
高精細データ共有 画面サイズに合わせた拡大や縮小などの処理なしで2000万画素クラスでも共有可能
○ - -

公式サイト

公式サイト

公式サイト

画像共有機能がデフォルトでつき、公式HPに設計・製造系の導入事例が載っている製品を比較

セミナー用

おすすめWEB会議システム3
V-CUBE
セミナー
ブイキューブ
ギガキャスト ロゴスウェア
ネクプロ ネクプロ
チャット機能文字でもやりとりすることが可能
○ ○ ○
アンケート機能 質問やアンケートを実施することが可能
○ ○ ○
受講者発言機能 受講者の発言を許可したり、チャットで質問を入力してもらうことが可能
○ ○ -
インストール不要インストールなしでWEB会議ができます
○ - ○
多言語対応 さまざまな国の言語でシステムを利用できます
日本語・英語・中国語(簡体字・繁體字)、タイ語、インドネシア語 記載なし 記載なし
最大拠点数 対応拠点数が多いほど大規模な配信が可能
10,000拠点 6,000拠点 6,000拠点

公式サイト

公式サイト

公式サイト

チャットとアンケート機能が標準搭載の製品を比較