Web会議システム徹底比較サイト » 主要なWeb会議システム一覧 » omnijoin

omnijoin

このページではomnijoinの情報についてまとめています。なお、omnijoinは2020年9月をもってサービスが終了します。

omnijoinの特徴

インターネット回線でさまざまファイルを共有できる

omnijoinのWEB会議システムは、登録や複雑な設定なしにサービスにログインするだけですぐに始められます。iPadやiPhoneなどのiOS端末、Android端末にも標準で対応しているため、スマホやタブレットからアクセスできるのも嬉しいですね。

ExcelやPowerPointで作成した資料や写真や動画などの資料を全て共有できることが最大の特徴。送受信や閲覧が可能であるだけでなく、画面上でマーカーを引いたり、ホワイトボード機能でフリーハンド記入したりすることもできますよ。

また、主催者側だけでなく、相手側のパソコンに保存してあるファイル資料を編集することも可能。同じ部屋で一緒に編集作業をしているような身近さを感じられるのがいいですね。

安定した通信で高画質、高音質を実現

omnijoinのWEB会議システムは、画質で業界最高クラスを誇っており、フルHDにも対応しています。50インチの大画面ディスプレイに接続しても画質が劣化しないので、大人数が同席する拠点間会議にもぴったりですね。

エコーキャンセリング、ノイズキャンセリング機能も搭載。音声が聞き取りにくいストレスを感じることなくスムーズな通信ができますよ。

回線には光回線や固定回線を使用しているため、途切れることなく安定した環境を維持できます。出席者の声を拾ってくれる挙手機能やマイク機能オフ機能も搭載しているので、ニーズに合わせた音声会議が可能。万が一音声トラブルが生じてもチャットを使ってテキストのやりとりができるので、会議を中断しなくても済みますね。

ニーズに合わせて選べる料金プラン

omnijoinの料金プランはニーズに合わせて3つのタイプの中から選択できます。「ビジネスフレックスプラン」は、システムの機能をフルに活用できるプランで、全メンバーにアカウントを発行。日頃から会議の開催が多く、テレビ会議並みの画質や音声が必要な場合におすすめ。

「ビジネスプラン」は1つのアカウントをメンバーで使いまわせるのでお得ですよ。ファイルの共有や録画など、会議に便利な機能は標準搭載しており、会議を同時開催する必要がない場合にぴったりといえるでしょう。

「エコノミープラン」は機能を最小限に絞った低コストのプラン。まずはWEB会議を試してみたいという場合に利用できますね。

omnijoinの導入事例

シナジーマーケティング株式会社

普段から、記事やホワイトペーパーのテーマについて、キーワードツールを使ってWEB会議と親和性の高いキーワード検索しながら制作しています。メールマガジンを送信することが多かったのですが、ネタ不足でコンテンツの作成に苦慮していました。

omnijoinを導入することによって、製品のフリートライアルや問い合わせフォームへの申込が増加し、新規契約数が以前の2倍程度になったとのこと。コンテンツを充実させることができたため、売上にも貢献できているようです。

omnijoinの機能、および必要な機材など

機能

必要な機材

社内会議用

おすすめWEB会議システム3
V-CUBE
ミーティング
ブイキューブ
Cisco Webex WebEx
ZOOM ZOOM
月額費用 お問い合わせください~2,980~2,700円
アプリケーション共有ファイルをリアルタイムに全参加者と共有
○ ○ ○
デスクトップ共有デスクトップ画面全体を共有可能
○ ○ ○
録画やり取りを録音・録画して保存可能
○ - -
ファイルの保存・転送会議中に使った資料や、メールでは大きすぎて送れない資料の共有
○ ○ -
ホワイトボード文字や図の記入、画像の読み込みなどが可能
○ ○ ○
外国語翻訳会話をリアルタイムに翻訳して会話内容と翻訳内容をテキスト表示
○ - -
アンケート機能質問やアンケートを実施することが可能
○ ○ -
IPアドレス制限許可のない人の参加を防止できる機能
○ - -
チャット機能文字によるメッセージの共有が可能
○ ○ ○
100拠点以上対応同時に接続できる拠点数が100を超える
○ ○ ○
オンプレミスでの提供自社で情報のシステムを保有し、自前の設備で運用する方式
○ ○ -

公式サイト

公式サイト

公式サイト

2018年度のシェアランキングTOP3を比較。参照元:シード・プランニング(https://www.seedplanning.co.jp/press/2019/2019032001.html)

※Cisco Webexは3プランあり(1,480円、1,980円、2,980円。税表記なし)。ZOOMは3プラン(無料、2,000円、2,700円)で、無料版では機能が制限されています。

無料版あり

おすすめWEB会議システム3
Google Meet Google
Skype マイクロソフト
chatwork live Chatwork
参加者アカウント不要アカウント登録なしでスタートできます
○ - -
1対1ミーティング
時間に縛られずに会議を行なうことができます
- ○ -
画面共有 自分のパソコンの画面を相手に表示させる機能
○ ○ ○
セキュリティ第三者によるデータの盗聴やなりすまし、改ざんなどを防ぎます
2段階認証プロセス E2E暗号化 SSL/TLS
人数一度の会議に参加できる人数
最大250名 最大50名 最大14名

公式サイト

公式サイト

公式サイト

無料期間が無制限かつ、セキュリティ面について公式HPで明示されている製品を比較

商談用

おすすめWEB会議システム3
V-CUBE
セールスプラス
ブイキューブ
ベルフェイス ベルフェイス
B-room Bloom Act
資料共有 エクセルやPDFなどの資料の共有
○ ○ ○
チャット機能文字によるメッセージの共有が可能
○ - ○
トークスクリプト 話したい内容を事前に準備でき、自分だけが見ることができます
- ○ ○
同時接続3名の場合
の月額料金 同時接続できる人数
44,400円(税別)45,000円(税別)35,000円(税記載なし)
相手の対応 WEB会議をする際に相手側に行ってもらうこと
URL入力電話URLorワンタイムパスワード

公式サイト

公式サイト

公式サイト

月額費用が公式HPに明示されている3製品を比較

設計・製造用

おすすめWEB会議システム3
V-CUBE
コラボレーション
ブイキューブ
Fresh Voice エイネット
Cisco Webex シスコ
同時ペン作画リアルタイムで複数人で図面に書き込みができます
○ - ○
CAD共有対応重い3次元データもスムーズに共有できます
○ ○ ○
画像共有画像データなどを同じ画面で共有できます
○ ○ ○
高精細データ共有 画面サイズに合わせた拡大や縮小などの処理なしで2000万画素クラスでも共有可能
○ - -

公式サイト

公式サイト

公式サイト

画像共有機能がデフォルトでつき、公式HPに設計・製造系の導入事例が載っている製品を比較

セミナー用

おすすめWEB会議システム3
V-CUBE
セミナー
ブイキューブ
ギガキャスト ロゴスウェア
ネクプロ ネクプロ
チャット機能文字でもやりとりすることが可能
○ ○ ○
アンケート機能 質問やアンケートを実施することが可能
○ ○ ○
受講者発言機能 受講者の発言を許可したり、チャットで質問を入力してもらうことが可能
○ ○ -
インストール不要インストールなしでWEB会議ができます
○ - ○
多言語対応 さまざまな国の言語でシステムを利用できます
日本語・英語・中国語(簡体字・繁體字)、タイ語、インドネシア語 記載なし 記載なし
最大拠点数 対応拠点数が多いほど大規模な配信が可能
10,000拠点 6,000拠点 6,000拠点

公式サイト

公式サイト

公式サイト

チャットとアンケート機能が標準搭載の製品を比較