Web会議システム徹底比較サイト

国内シェア上位を争うWeb会議システム5社を比較検証

  • 料金比較を見る
  • 機能を見る
  • サポートを見る
  • ReadyCast

    料金 機能 サポート
    A A A
    詳細
  • WebEx

    料金 機能 サポート
    B A A
    詳細
  • V-Cube

    料金 機能 サポート
    B B A
    詳細
  • Meeting Plaza

    料金 機能 サポート
    B B C
    詳細
  • Live On

    料金 機能 サポート
    C C B
    詳細

V-cube

v-cubeV-Cubeとは、Webカメラとヘッドセット、そしてインターネット環境があればどこでも利用できるweb会議システムです。

V-Cubeの特徴

V-cubeはインストール不要でOSを選ばない国内シェアナンバーワンのweb会議システムです。V-Cubeは他の主要web会議システムと同様に、必要な機能を選択して利用できるSaaS(Software as a Service)です。2010年に第1回 クラウドランキングで「ベストサービス賞(汎用情報系SaaS部門)」など数々の賞を受賞したことで有名になりました。ほとんどのパソコンに最初から入っているFlashPlayerを使うので、ソフトの購入やインストールといった手間なく始められるのがV-cubeの特徴です。

また、web会議の特性でもある、参加者が同じ場所に集まる必要もないことから、出張費などのコストを抑えるといったメリットを考慮し導入する企業数が伸びています。モバイル対応もしており、iPadでもAndroidタブレットでも利用可能なので、必ずしもパソコンの前にいる必要がないこともメリットのひとつでしょう。電車等により音声で参加できない場合には、チャット機能で参加することも可能です。

テレビ会議の「Polycom(ポリコム)」との映像・音声が相互通信可能なオプションがあり、双方向からの通信が可能です。PolycomはTV会議システムのため、インターネットではなく電話回線を使用し、ファイルの共有等はできないといった制限もありますが、利用の幅が広がります。

国内シェアトップを6年連続していることもあり、web会議システムとして評判のよいサービスです。このV-cubeを提供している会社は複数ありますが、機能や使い勝手は若干異なります。サポート会社を選ぶ際には、自社に適した内容を提供してくれるのかを踏まえて検討することが大切です。

    Web会議システム比較ランキング  

V-Cubeの導入事例

とても人気のあるサービスということもあり、5,000社を超える企業で選ばれています。この中から、いくつかご紹介しましょう。

十勝バス株式会社

こちらも100~500名で利用して役立てています。V-CUBEミーティングを利用していて、役員会開催がスムーズになったそうです。
更には経営判断のスピードが向上したということもあり、売り上げアップに貢献してくれています。表情を見ながらコミュニケーションが取れるのも大きなポイントと感じているほか、映像が途切れたりしない高品質なWEB会議を実現できているそうです。

日本経済大学

3,000名以上という大人数で活用しているそうです。この大学は都築学園グループを運営母体糖していて、3キャンパスをつないだ遠隔授業などにV-CUBEミーティングを利用しているとのことでした。

拠点が離れていると移動が大変ですが、V-CUBEミーティングを活用すればそういったことを心配する必要もなくなります。

更に費用の効果も大きく、1人1回あたり3~4万円のコストを削減することに成功したそうです。便利さだけでなく、費用の点でも役立ってくれているといえるでしょう。

プレゼンもV-Cubeを使えば離れた場所でもスムーズに

プレゼンに使えるWeb会議システムを探しているという方にもV-Cubeがおすすめです。例えば、トップ影響のプレゼンに関して営業ツール化するといった使い道も用意されています。
こうすることにより売上効率を向上させることに繋がるでしょう。

それだけでなく、映像訴求の仕方によってはかなり印象に残ることができるので、競合との差別化をする際に役立つシステムを探している方もぜひチェックしてみてはどうでしょうか。

プレゼンでは、こちらの言いたいことを相手にしっかりと伝えなければなりませんが、その中には映像や画像を用いてプレゼンした方が伝わりやすいものもあるのではないかと思います。

V-Cubeでは資料と背景を合成したり、CGを使った説明なども可能となっているので、うまく役立ててみてくださいね。V-Cubeは離れた場所に対してプレゼンしたいと思った場合にも役立つシステムです。

これまではプレゼントいえば同じ場所にいる人でなければ聞くことができませんでしたが、V-Cubeを使えばより多くの方を対象にプレゼンしたいシーンでも活躍してくれます。

充実したサポート体制

特に初めてWEBシステムを取り入れようと思った場合、万が一なにかトラブルがあった時に対応できるのか…といった不安を感じでしまうのではないでしょうか。
例えば、多くの方に対して働きかけられるWEB会議の直前に動作が不安定になってしまったりしたら大変です。

そういった場合でも安心して利用できるように、導入から運用までのトータルサポートが用意されています。社内導入や運用設計をしてくれるほか、配信業務についてお任せすることも可能です。

社内の設備構築、映像の撮影、コンテンツ制作といったものまで幅広くサポートしてくれるので、心配はいらないでしょう。インターネット上からのお問い合わせに対応していますが、24時間365日電話受付が可能なカスタマーサポートセンターもあります。

いつでも電話が繋がるのは非常に心強いことだと思います。業者の方が安心して使い始められるようにきちんと体制を整えている証でもあります。わからないことがあったら気軽に連絡をしてみましょう。

初めてWEB会議をする場合には接続テストも利用できるので、こういったものも活用すれば初回のWEB会議から良い結果に収めることができるはずです。そもそも、WEB会議を実施してみたいと思っているけれど、なにを準備すればいいのかわからないといった方でも安心です。

相談に乗ってもらえるほか、クイックマニュアルなども用意されています。

V-Cubeの機能、および必要な機材など

《製品》

  • V-CUBE(nice to meet you)ミーティング

※14日間の無料体験あり

《機能》

  • アプリケーションの共有
  • ビデオスクリーン数16
  • デスクトップの共有(オプション)
  • 録音、録画、文字チャット機能
  • ホワイトボード
  • ファイルの保存・転送
  • 画像ファイルの共有
  • 電話回線との接続

《必要な機器》

  • インターネットに接続できるコンピュータ、またはモバイルデバイス
    (iPad、iPhoneなどスマートフォンでは無償アプリケーションをダウンロード)
  • Webカメラ
  • マイク(ヘッドセット)

※(推奨機器の販売あり)

《V-Cube活用例》

  • web会議(テレビ会議)
  • お客様サポート
  • 商談・セールス
  • 教育・研修 など

WEB会議システム総合ランキングはこちら

Web会議の無料版を試す