Web会議システム徹底比較サイト » Web会議を条件別で選ぶ » 商談用

商談用

オンライン商談とは

効率的に商談が可能になるということで注目されているオンライン商談。インターネット回線を利用したweb会議システムを商談のために運用することで特定の場所(お客様の自宅や企業)へ移動することなく、スピーディかつ成約率の高い商談を行うことができます。

オンライン商談のメリット・デメリット

オンライン商談のメリット

場所を選ばない

PCやスマホ、タブレット等で利用できるweb会議システムのオンライン商談(オンライン営業)。インターネットが繋がる場所であれば、場所を選ばずにどこでも商談を行うことが可能です。

そのため、会社からだけではなく、自宅にいながら営業することができます。元々は移動にかかる時間を激減させ、営業活動を効率化するメリットからオンライン商談を採用する企業が中心でしたが、2020年のコロナ禍で在宅勤務が急激に拡大したことから、営業サイドだけでなく、お客様が在宅勤務中でも商談ができるという点が大いに注目を集めています。

商圏範囲を全国規模に拡大できる

WEB上で商談を行なうことから、インターネットが繋がる拠点であれば、全国どこへでも営業することが可能です。これが訪問営業と大きく違う点とも言えるでしょう。訪問営業の場合、近場を商圏とすることが多く、全国規模で営業を行うとなると出張の必要があります。

しかし、どこからでも営業を行えるオンライン商談を活用することで、出張にかかる宿泊費や交通費等のコストや移動時間の大幅な削減が可能です。

先輩・上司に質問できる環境

オフィスから営業することもできるため、分からないことや提案の仕方などを同じオフィス内にいる先輩・上司に相談することができます。迅速に悩みを解決できるため、今後の成長にも繋がるでしょう。

成約率アップ

顧客側も場所やスケジュールの確保が不要なため、顧客側の負担も軽減されます。また、オンライン商談はアポイントメントから商談までの流れがとてもスピーディです。そのため、顧客の関心が強いうちにアプローチすることが可能になり、その結果成約率の向上に繋がります。

オンライン商談のデメリット

システムによっては接続状況が不安定になる場合がある

インターネット回線を使用しているため、場合によっては回線が不安定になり、音声や映像が乱れたり、資料が送信されなかったりと顧客にストレスを感じさせてしまうような出来事が起きてしまいます。

そのため、安定した通信を行える製品を選ぶことが大切です。

事前登録・インストールが必要

システムによっては、事前登録や専用アプリのインストールなど、面倒な作業を行わなくてはいけません。そこで、ブラウザ型web会議システムを活用する等、インストール不要で手軽に利用できるものの選択を視野に入れると良いかもしれません。

おすすめオンライン商談ツール3選

3製品の選定基準:月額費用が公式HPに明示されている3製品を比較

V-CUBE セールスプラス

シンプルな画面設計により、誰でも簡単に利用できるシステムを実現。営業スタッフはIDとパスワードを入力するだけ、また顧客は簡単なURLを入力するだけで商談が始められるため、スピーディーなアプローチが可能です。

共有している資料とお客様の表情の両方が見られるので、どこに興味を示しているのかをチェックすることができ、そこを商談のポイントとして訴求することも可能です。

主要機能

料金

※すべて税抜き価格にて表示

提供ベンダー

株式会社ブイキューブ

V-CUBE セールスプラスの詳細を公式HPでチェック

ベルフェイス

ベルフェイスを活用して成功した企業から話しを聞くことができるユーザー会の開催や、コンサル担当の配置、ツールを社内に浸透させるためのサポートなど、オンライン商談に特化したシステムを提案しているからこそできるサポート体制が特徴です。

また、顧客側はアプリのインストール等の準備が不要なため、スムーズに商談を開始することができ、音声には電話を使用しているので、画面・音声ともに良好な接続状態を維持できます。

主要機能

料金

月額 1ユーザー 9,000円(最低契約ユーザー数:5ユーザー)

※同時接続人数によって料金は変動します。税抜き価格

提供ベンダー

ベルフェイス株式会社

ベルフェイスの詳細を公式HPでチェック

B-room

相手の表情をしっかりと見ることにこだわりを見せるB-room。高い音声・画質を提供するために、ハイレベルなビデオコーデックを採用しています。

また、音声を自動的にテキスト変換する機能も備わっており、商談内容を文面で保存することができます。これにより、時間や手間のかかる「議事録作成」「報告書作成」といった書類作りの作業を減らすことが可能です。

主要機能

料金

※1ルーム最大4名まで入ることができます。税表記なし。

提供ベンダー

株式会社Bloom Act

B-Roomの詳細を公式HPでチェック

WEB商談でおすすめの機能解説

資料共有

資料共有機能では、接続した相手に資料を配布し、それを元に商談を進めることができます。また、訴求ポイントにマーカーを引いたり、補足事項をメモとして資料内に書き込んだりと、汎用性が高さが魅力的な機能です。

資料共有機能はほとんどのweb会議システムに搭載されていますが、それぞれ主としている機能が異なるため、使用用途に合ったものを選ぶのが良いでしょう。

チャット

商談参加者とテキスト形式でやり取りする機能です。相手の興味や感情を見ることができる音声・画像を伴う営業はもちろん大切です。しかし、情報によっては文字で伝えた方が良いものもあります。

伝えたいことや連絡事項がある場合、商談を妨げることなく情報の共有が可能です。電話番号やURLなど、口頭ではメモの手間や聞き間違えが起こりやすい情報はチャット機能を使うことをオススメします。

トークスクリプト

トップセールスマンの営業トークを随時営業側の画面に表示させることで商談の参考にすることができます。社内共有機能が付いていれば、ボタンひとつでこのカンニングペーパーを社内に浸透させることも可能です。

トークスクリプト機能があることで、新人もトップセールスマンの会話をまねすることができ、新人教育の一環として活用できるのも特徴のひとつでしょう。

同時接続人数

同時接続可能な人数は多ければ多いほど、大きなコスト削減に繋がります。というのも、先に記載したように交通費や宿泊費といった出張コストの削減効果がオンライン商談の大きなメリットだからです。

そのため、多くの人数を相手にプレゼンテーションを行うことで、大きな費用対効果が生まれることでしょう。しかし、より多くの成約を得るには他機能の充実度も重要であることは覚えておく必要があります。

選ぶべきはリーズナブルに利用できるWEB商談システム

何度も言いますが、オンライン商談システムはコスト削減に大きな役割を持っています。そのため、導入・運用コストが高くなることで費用対効果が半減してしまいます。

リーズナブルかつ使用用途に合った充実した機能を持つオンライン商談システムを選ぶことで、営業側と顧客側の両側がストレスを感じることなく心ゆくまで対話することができるでしょう。

社内会議用

おすすめWEB会議システム3
V-CUBE
ミーティング
ブイキューブ
Cisco Webex WebEx
ZOOM ZOOM
月額費用 お問い合わせください~2,980~2,700円
アプリケーション共有ファイルをリアルタイムに全参加者と共有
○ ○ ○
デスクトップ共有デスクトップ画面全体を共有可能
○ ○ ○
録画やり取りを録音・録画して保存可能
○ - -
ファイルの保存・転送会議中に使った資料や、メールでは大きすぎて送れない資料の共有
○ ○ -
ホワイトボード文字や図の記入、画像の読み込みなどが可能
○ ○ ○
外国語翻訳会話をリアルタイムに翻訳して会話内容と翻訳内容をテキスト表示
○ - -
アンケート機能質問やアンケートを実施することが可能
○ ○ -
IPアドレス制限許可のない人の参加を防止できる機能
○ - -
チャット機能文字によるメッセージの共有が可能
○ ○ ○
100拠点以上対応同時に接続できる拠点数が100を超える
○ ○ ○
オンプレミスでの提供自社で情報のシステムを保有し、自前の設備で運用する方式
○ ○ -

公式サイト

公式サイト

公式サイト

2018年度のシェアランキングTOP3を比較。参照元:シード・プランニング(https://www.seedplanning.co.jp/press/2019/2019032001.html)

※Cisco Webexは3プランあり(1,480円、1,980円、2,980円。税表記なし)。ZOOMは3プラン(無料、2,000円、2,700円)で、無料版では機能が制限されています。

無料版あり

おすすめWEB会議システム3
Google Meet Google
Skype マイクロソフト
chatwork live Chatwork
参加者アカウント不要アカウント登録なしでスタートできます
○ - -
1対1ミーティング
時間に縛られずに会議を行なうことができます
- ○ -
画面共有 自分のパソコンの画面を相手に表示させる機能
○ ○ ○
セキュリティ第三者によるデータの盗聴やなりすまし、改ざんなどを防ぎます
2段階認証プロセス E2E暗号化 SSL/TLS
人数一度の会議に参加できる人数
最大250名 最大50名 最大14名

公式サイト

公式サイト

公式サイト

無料期間が無制限かつ、セキュリティ面について公式HPで明示されている製品を比較

商談用

おすすめWEB会議システム3
V-CUBE
セールスプラス
ブイキューブ
ベルフェイス ベルフェイス
B-room Bloom Act
資料共有 エクセルやPDFなどの資料の共有
○ ○ ○
チャット機能文字によるメッセージの共有が可能
○ - ○
トークスクリプト 話したい内容を事前に準備でき、自分だけが見ることができます
- ○ ○
同時接続3名の場合
の月額料金 同時接続できる人数
44,400円(税別)45,000円(税別)35,000円(税記載なし)
相手の対応 WEB会議をする際に相手側に行ってもらうこと
URL入力電話URLorワンタイムパスワード

公式サイト

公式サイト

公式サイト

月額費用が公式HPに明示されている3製品を比較

設計・製造用

おすすめWEB会議システム3
V-CUBE
コラボレーション
ブイキューブ
Fresh Voice エイネット
Cisco Webex シスコ
同時ペン作画リアルタイムで複数人で図面に書き込みができます
○ - ○
CAD共有対応重い3次元データもスムーズに共有できます
○ ○ ○
画像共有画像データなどを同じ画面で共有できます
○ ○ ○
高精細データ共有 画面サイズに合わせた拡大や縮小などの処理なしで2000万画素クラスでも共有可能
○ - -

公式サイト

公式サイト

公式サイト

画像共有機能がデフォルトでつき、公式HPに設計・製造系の導入事例が載っている製品を比較

セミナー用

おすすめWEB会議システム3
V-CUBE
セミナー
ブイキューブ
ギガキャスト ロゴスウェア
ネクプロ ネクプロ
チャット機能文字でもやりとりすることが可能
○ ○ ○
アンケート機能 質問やアンケートを実施することが可能
○ ○ ○
受講者発言機能 受講者の発言を許可したり、チャットで質問を入力してもらうことが可能
○ ○ -
インストール不要インストールなしでWEB会議ができます
○ - ○
多言語対応 さまざまな国の言語でシステムを利用できます
日本語・英語・中国語(簡体字・繁體字)、タイ語、インドネシア語 記載なし 記載なし
最大拠点数 対応拠点数が多いほど大規模な配信が可能
10,000拠点 6,000拠点 6,000拠点

公式サイト

公式サイト

公式サイト

チャットとアンケート機能が標準搭載の製品を比較