Web会議システム徹底比較サイト

国内シェア上位を争うWeb会議システム5社を比較検証

  • 料金比較を見る
  • 機能を見る
  • サポートを見る
  • ReadyCast

    料金 機能 サポート
    A A A
    詳細
  • WebEx

    料金 機能 サポート
    B A A
    詳細
  • V-Cube

    料金 機能 サポート
    B B A
    詳細
  • Meeting Plaza

    料金 機能 サポート
    B B C
    詳細
  • Live On

    料金 機能 サポート
    C C B
    詳細
HOME » 主要なWeb会議システム一覧

主要なWeb会議システム一覧

テレビ会議をもっと簡易に実現できるのがweb会議システムです。個人であれば、スカイプなどwebカメラを使って無料通話をすることできますが、企業ではリスクが伴うことなどから、テレビ会議・web会議のシステムが検討されます。

web会議システムの特徴としては、多拠点を結んでもそれほどコストがかからず、インターネット環境とwebカメラさえあれば自分の席からでも参加できること。現在は、スマートフォンやiPadといったモバイルデバイスから参加できるようになったので、さらに利用しやすくなっています。

スカイプなどによる無料通話のリスク

スカイプは無料で使えて非常に便利な通話サービスではありますが、リスク面を考えて法人企業の中にはスカイプでの使用を全面的に禁止しているところも珍しくありません。これは、次のような理由によるものです。

セキュリティの問題

企業で行うweb会議の中には、外部に漏れるとまずい情報も含まれていますよね。スカイプのセキュリティは100%安全とは言い切れず、こういったリスクから導入を見送っているところも多いのです。

スカイプは暗号化されているので、安全性は高いのでは?と思っている方も多いかもしれませんが、通信方式は「P2P」と呼ばれるものであり、極端に安全性が高いとはいえません。

それだけでなく、スカイプでスパムを目にしたことがある方もいるはず。もしも会社で使っているスカイプでスパムに引っかかってしまった場合、そこからスパイウェアの感染が起こってしまう危険性もありますよね。そうなれば、スパイウェアに感染した個人だけの問題ではなくなってきます。

通信に関する問題

一般的に、スカイプを使う場合に一対一の通話であればやり取りは非常にスムーズです。しかし、複数のユーザーが同時に接続した場合には速度低下や、映像・音声品質が低下してしまう可能性があります。

企業でWEB会議をする場合、数人が同時に参加することもあるでしょう。そのような大事な場面で速度が低下したり、品質が悪くなるのは大きな問題だといえます。無料版のスカイプの場合、あくまで無料ツールということもあり、このあたりはどうしようもないでしょう。

また、無料版スカイプでは数日間にわたって全くログインできないような大規模な通信障害が発生することもあり、そういった場面で大切なWEB会議を控えていたりすると大きな混乱を招いてしまう恐れがあります。中には復旧の目処がつかず、いつ会議が回避できるのかさえわからないようなものもあるので、十分に注意しておきましょう。

サーバー型

サーバー型はインストールすることになるので、セキュリティを気にする企業に向いています。そのため、多くの企業がASP型のWEB会議システムを選んでいるのです。

専用のサーバーを自社で導入するといった手間や初期費用がかかるのはデメリットだといえますが、ASP型と違って毎月サービス使用料がかかることはありません。使用するのは専用のサーバーということもあり、サーバーへのアクセス集中によって回線が不安定になるようなこともないため、安定しているのも大きな魅力です。

導入時の費用を除けば、サーバー型の方が安定性やセキュリティ面でも魅力が大きく、web会議には向いているといえるでしょう。また、ソフトウェアの入れ替えやサーバーの管理といったことも行わなければならないため、専門的な知識を持ったスタッフが必要です。

初期費用を抑えるためにASP型を導入したものの、アクセス集中時の回線混雑により、ストレスを感じている方も少なくありません。回線が安定していないと映像のコマ落ちや音声飛びといったトラブルも発生しやすく、会議がスムーズに進まない可能性もあるのです。

ASP型

ASP型はソフトウェアのインストールといった手間がなく、ブラウザへのアクセスのみで使用することができ、すぐに会議に参加できるという点がメリットです。

サーバー型とは違って、システムはインターネット上に設置されています。クラウド型と呼んだ方がわかりやすいかもしれません。

IDとパスワードを入力すればログインできるのも大きな特徴です。サーバーを自社で構築するのではなく、サービス提供元から借りて利用する形になるため、サーバー型に比べると初期費用も抑えられるでしょう。

デメリットとして挙げられるのが、サーバーにアクセスして利用しなければならないため、アクセス集中時には回線が不安定になる可能性があるということ。また、セキュリティについては十分な体制を整えているサービス提供者がほとんどではありますが、どこを選ぶのかについては慎重に決めなければならないでしょう。

サービス提供会社のサーバーに音声や資料といったデータを流すことになってしまうため、このあたりもセキュリティ用を重視している企業がデメリットに感じているポイントです。

企業の中にはリスクの点からインターネット上にデータをアップロードすることを禁止しているところもあり、そういった場合はどうしてもASP型は利用できず、サーバー型を検討することになります。

初期費用を安く済ませたい、気軽に始めたいと思っている方にはASP型が向いているでしょう。

Cisco WebEx

世界中の中で最も使われているweb会議システムです。web会議システムというと、実際に行う会議と異なってくるポイントもいろいろありますが、Cisco WebExの場合は参加者全員で利用できるホワイトボード機能などがあり、実際に顔を合わせて会議をしているのと同じような感覚で進められるでしょう。

ビデオ機能も高画質で、参加者の資料も確認可能です。パソコンだけでなく、iPadやスマートフォンで利用できる点も見逃せません。拡張機能も充実しているので、ぜひチェックしてみてください。

Cisco WebEx

V-cube

インストールが不要なタイプであり、国内シェアではナンバーワンを誇ります。web会議システムを取り入れる際にインストールの手間を感じている方も多いはず。

ですが、こちらの場合は多くのパソコンにもともと導入されているFlash Playerと呼ばれるソフトを使うこともあり、インストールの手間を抑えられるのが魅力です。iPadだけでなくAndroidタブレットからでも利用可能で、音声を使わずにチャット機能で参加することも可能となっています。利用者も多く、評判も良いサービスです。

V-cube

Meeting Plaza

現在web会議システムを取り入れているものの、相手の声や言葉が聞きづらいと思っている方に向いています。音声配信方式ではサーバミキシング方式というものを取り入れており、クリアな音声を実現しました。

ファイル共有はもちろんのこと、アプリケーションや動画、ホワイトボードといった支援ツールが豊富にそろっているため、ミーティングの内容が複雑になる場合もそれを把握しやすいシステムが整っているといえるでしょう。

セキュリティに関してもかなり力を入れています。

Meeting Plaza

Live On

音声や映像の共有はもちろんのこと、資料共有の他、ホワイトボードなどのシステムもそろっています。資料の共有ではWordやExcelの他にもメディア再生や画面キャプチャリングなどができるのも魅力。

音声遅延と音切れが発生するとweb会議もスムーズに進まなくなってしまいますが、そういったトラブルを避けるために独自の自動帯域制御機能やジッタバッファ制御機能を採用しているのも特徴的です。

セキュリティに関しても力を入れているので、安心してweb会議に臨めるのではないでしょうか。

Live On

ここでは、国内シェア上位のweb会議システムについて幾つかピックアップし紹介していきます。

Web会議総合ランキングはこちら

Web会議の無料版を試す