Web会議システム徹底比較サイト

国内シェア上位を争うWeb会議システム5社を比較検証

  • 料金比較を見る
  • 機能を見る
  • サポートを見る
  • ReadyCast

    料金 機能 サポート
    A A A
    詳細
  • WebEx

    料金 機能 サポート
    B A A
    詳細
  • V-Cube

    料金 機能 サポート
    B B A
    詳細
  • Meeting Plaza

    料金 機能 サポート
    B B C
    詳細
  • Live On

    料金 機能 サポート
    C C B
    詳細
HOME » Web会議の導入に向けて » 参加人数の上限について

参加人数の上限について

web会議への参加人数は上限を変更できるタイプもあります。

参加できる人数の上限は変動できる

web会議を導入するにあたり、プランを比較検討する上で確認すべきなのが参加人数の上限です。最近では、インターネット環境の発達とグローバリゼーションによってweb会議のシステムを導入する企業が増えてきました。

web会議には資料を事前に印刷する必要がない、遠方の支店などと余計な時間や交通費をかけずに会議ができる、資料を遠方の会議の参加者と同時に見ることができるなどの利点があります。基本的にweb会議の参加人数に上限はありません。これには複数の理由があります。

まず、web上でミーティングルームをつなぐので、物理的に広さの制約がありません。したがって、webを介して会話のできる状態をつなぐことで、理論上はどれだけでもたくさんの人を会議に参加させることができます。

次に、webで意見を共有できるため、個々人の発言を待つ必要がありません。これは、例えば一定の時間内で会議を終わらせなければならない場合では、参加人数が多くとも発言を一人一人にさせていては時間が足りなくなってしまいます。そこでwebで出席者のそれぞれが意見を同時にだすことができれば、こうした時間の制約があっても、形だけではなく実質的にweb会議の出席者全員が参加していることになります。

このような意味でも、web会議には人数の上限が無いと言ってしまっても過言ではないのです。ですが、実際の運営に伴ってはビデオスクリーン数やデータのやり取りなどの関係で参加可能人数は制限があると思っておいた方が良いでしょう。

契約プランのサービス内容をよく確認し、必要な人数が参加できるよう適切なデータ容量の用意されたサービスを選択するようにしてください。つまり、言い換えると契約するプランや追加サービスを活用すると、データ面での上限も変動可能なのです。

Web会議の無料版を試す