Web会議システム徹底比較サイト

国内シェア上位を争うWeb会議システム5社を比較検証

  • 料金比較を見る
  • 機能を見る
  • サポートを見る
  • ReadyCast

    料金 機能 サポート
    A A A
    詳細
  • WebEx

    料金 機能 サポート
    B A A
    詳細
  • V-Cube

    料金 機能 サポート
    B B A
    詳細
  • Meeting Plaza

    料金 機能 サポート
    B B C
    詳細
  • Live On

    料金 機能 サポート
    C C B
    詳細
HOME » Web会議の導入に向けて » サポート体制とセキュリティ

サポート体制とセキュリティ

Web会議システム各社は、従来のテレビ会議や電話会議から、スムーズにWeb会議へと移行ができるよう、充実のサポート体制を整えています。
スタートセットアップや接続マニュアル、初回利用向けの操作手順マニュアルなど、わかりやすい説明書を提供してもらえますので、PC操作に自信がない人でも心配はありません。

また、24時間365日の電話サポートを受け付けているサービス会社なら、深夜にトラブルが発生した場合でも迅速に対応してもらえます。
各社のホームページにはオンラインヘルプやFAQも用意されており、よくあるトラブルや疑問に対する回答が掲載されています。
さらに、よりWeb会議を使いこなすために、サービス会社が定期的に開催しているトレーニングセミナーに参加することも可能です。

気になるセキュリティ体制

サポート体制と同様、導入時にはセキュリティ体制のチェックも重要です。
外部のネットワークから接続をしないサーバ型Web会議システムであれば、それ自体に強固なセキュリティがあります。

しかし、もう一方のASP型システムがセキュリティが低いかというと、必ずしもそうとは限りません。
現在、主流となっているASP型Web会議サービスでは、使用しているファイアウォールの変更不要で、SSL暗号化、ミーティング毎のセキュリティコード発行といった多重のセキュリティ体制が敷かれています。
より強固なAES暗号や接続IPアドレス指定によるアクセス制限などを実施しているサービスもあり、非常に高いレベルのセキュリティ環境にて利用するこも可能です。
ファイル転送やデータ共有時もサーバにファイルを保存しないシステムが一般的となっているため、情報漏洩などのリスクも低減されています。

Web会議の無料版を試す