Web会議システム徹底比較サイト

国内シェア上位を争うWeb会議システム5社を比較検証

  • 料金比較を見る
  • 機能を見る
  • サポートを見る
  • ReadyCast

    料金 機能 サポート
    A A A
    詳細
  • WebEx

    料金 機能 サポート
    B A A
    詳細
  • V-Cube

    料金 機能 サポート
    B B A
    詳細
  • Meeting Plaza

    料金 機能 サポート
    B B C
    詳細
  • Live On

    料金 機能 サポート
    C C B
    詳細
HOME » Web会議の導入に向けて » テレビ会議との違い

テレビ会議との違い

テレビ会議とは、専用のテレビ端末と専用回線を用いた高精細な映像と音声による遠隔会議ツールを指します。
従来、Web会議が普及する以前は、遠隔地会議と言えばテレビ会議が主流でした。
現在でも、遠隔地会議の導入する際、テレビ会議を利用する企業が多いと言われています。
そのような場合に、「Web会議はテレビ会議の廉価版なのか?」という疑問が見受けられますが、実際にはテレビ会議とWeb会議は目指す目的が異なるサービスです。
下記では、その違いを比較してみました。

タイプ Web会議 テレビ会議
利用形態 ・サーバー型は、ソフトウェアをインストール
・ASP型は、ブラウザにアクセスのみ
ハードウェア
 ランニングコスト ・サーバー型は、保守料(半年or1年に1回)
・ASP型は月額料金制or課金制
保守料(半年or1年に1回)
画質 テレビ会議より劣る 高画質(HD対応)
音質 テレビ会議より劣る(ただ、電話回線の接続可) 高音質
回線 インターネット、イントラネット 専用の回線、イントラネット
拡張性 ライセンスの取得のみ ハードウェアを購入
カスタマイズ インストールorオプション購入でいくらでも可能 ほぼ不可能

Web会議とテレビ会議は主目的が違う

相手側の表情や細かい動きまで分かりやすいテレビ会議と比較すると、Web会議は簡易的なカメラで撮影するため画質は劣ります。
しかし、Web会議が主目的としているのは「資料やデータの共有」です。
PCとインターネット回線さえあればどこからでも会議に参加することが可能で、実務担当者同士が素早く共同作業を行えるようになっているのが大きな特徴です。
一方、テレビ会議は臨場感があり、交渉や重要な意思決定に向いています。導入費は高額なものの多人数による長時間会議でもストレスのない会議がおこなえます。
一言でいうならば、テレビ会議は役員会議などの重要会議向き、Web会議はデータ共有が重要な現場会議向きであると言えます。

端末の設置されている会議室のみで利用できるテレビ会議と比較して、Web会議はPCが使える場所なら各個人がバラバラでも可能といった違いもあります。
どちらも遠隔地で映像を用いた会議サービスとなりますが、得意分野や主目的は大きく異なっているのです。

Web会議の無料版を試す