Web会議システム徹底比較サイト

国内シェア上位を争うWeb会議システム5社を比較検証

  • 料金比較を見る
  • 機能を見る
  • サポートを見る
  • ReadyCast

    料金 機能 サポート
    A A A
    詳細
  • WebEx

    料金 機能 サポート
    B A A
    詳細
  • V-Cube

    料金 機能 サポート
    B B A
    詳細
  • Meeting Plaza

    料金 機能 サポート
    B B C
    詳細
  • Live On

    料金 機能 サポート
    C C B
    詳細
HOME » Web会議の無料版を試す » Web会議のフリートライアル一覧

Web会議のフリートライアル一覧

実際にWeb会議システムで何ができるのか?どう変わるのか?説明を読んだだけではイメージしにくいかと思われます。
そこで各社とも、無料で試せるASP型のフリートライアル版を提供しています。
利用機関は数日間しかありませんが、製品版と同様の機能を試すことができます。
下記では、各社のフリー体験版と導入企業の特徴もあわせて紹介しています。
少しでも興味を持たれたら、体験することをお勧めいたします。

サービス名(会社名) サービスの特徴 導入企業の特徴 フリー体験版の特徴
ReadyCast
(プレミアコンファレンシング(PGi))
プレミアコンファレンシングのサイトキャプチャ画像
製造や販売、流通、ソフトウェアなど、幅広い業種で実績があるWeb会議システム。アプリケーションの共有や録画、チャット機能、電話回線の接続など、幅広い機能を標準装備。 日本各地に拠点を持ち、5人~15名までの小規模ミーティングを主目的で利用している。 トライアル期間:14日間
申込方法:Webフォーム
製品版同様の機能を体験でき、利用目的に合わせた活用方法の提案やサポートも受けられる。
フリー体験版はこちら≫
WebEx
(シスコシステムズ)
WebEx
全世界150ヶ国以上で利用されているWeb会議サービスの先駆け的存在で、今まで36,000社以上と取引実績がある。多機能型で、セキュリティ面も充実している。 世界各国に拠点がある企業を持ち、5人~15名までの小規模ミーティングを主目的で利用している。 トライアル期間:14日間
申込方法:Webフォーム
実際のサービスと同様の機能とサポートを体験できる。1つの会議に10拠点まで参加できる。
フリー体験版はこちら≫
V-Cube
(ブイキューブ)
V-Cube
国内のWeb会議ASP市場では、1,500社以上の取引実績がある。豊富なオプション機能を搭載できるのが特徴的。 1会議に多人数参加型(説明会やプレゼン会議)を主目的で利用している。 トライアル期間:14日間
申込方法:Webフォーム
無料トライアルアカウントのレンタルにより、正式版同様のサービスを体験することができます
フリー体験版はこちら≫
Meeting Plaza
(NTTアイティ)
Meeting Plaza
日本国内では、金融や製造の業種に強い。最大128拠点の接続ができ、会議画面では32スクリーンまで参加者の画像が表示される。大規模な会議向けのサービス。 1会議に多人数参加型(説明会やプレゼン会議で、V-Cubeよりも参加者は多い)を主目的で利用している。 トライアル期間:14日間
申込方法:Webフォーム
利用前に「サーバーアクセス許諾契約書」と「ソフトウェア使用許諾契約書」に同意しなければならない。
フリー体験版はこちら≫
Live On
(ジャパンメディアシステム)
Live On
日本では、教育関係の業種に多く利用されている。標準機能はあまり充実していないが、オプション機能により高画質・高音質なWeb会議を実現できる。 10名前後の小規模~20名の中規模で、研修や講義を主目的で利用している。 トライアル期間:14日間
申込方法:Webフォーム
フリートライアルについての注意書きは記載なし。
フリー体験版はこちら≫