Web会議システム徹底比較サイト

国内シェア上位を争うWeb会議システム5社を比較検証

  • 料金比較を見る
  • 機能を見る
  • サポートを見る
  • ReadyCast

    料金 機能 サポート
    A A A
    詳細
  • WebEx

    料金 機能 サポート
    B A A
    詳細
  • V-Cube

    料金 機能 サポート
    B B A
    詳細
  • Meeting Plaza

    料金 機能 サポート
    B B C
    詳細
  • Live On

    料金 機能 サポート
    C C B
    詳細

スプリード

株式会社サイバーガーディアンズ
スプリード HP画像
事業内容 インターネットデータセンターの運営、WEBソリューション提供ビジネス(ASP)
創業年数 2007年
TEL -
E-mail -

スプリード(spreed)は、開発企業であるドイツStruktur社との業務提携により、日本ではサイバーガーディアンズが提供しているweb会議システムです。ITを駆使した中庸企業向けのソリューション、サービスに先見性を持つ企業で、世界的なビジネスを数多く成功に導いています。

Spreedのほかに、ウェブサーバーシステムのWebStage、FastOfficeといったサービスを提供。同社が窓口になることで、インターナショナルなサービスを日本向けに使いやすくすることに貢献しています。

スプリード(spreed)の特徴

専用ソフトや機材は一切不要、ネット環境さえあれば無料で利用できるのがスプリードの大きな魅力です。(ただし、無料サービスは3名まで)

また、無駄のない料金設定の細やかさも大きな特徴です。

例えば、1回だけのミーティングをweb会議で開催したい場合、1ヵ月の契約ではなく、1回ぶんの契約をすることも可能なのが『SpreedEvent』というサービス。最大10時間使用できるので、ふだんは無料で使用して、必要な時だけ、しかも1回1,900円と格安で利用ができます。

3人以上の利用、有料版の料金は月額4,900円。24時間常設の会議室を確保でき、ライブ録画機能もあるので、頻繁に会議を行う場合は非常に使い勝手の良いサービスです。

ライブチャット、ホワイトボード、プレゼン機能のほか、会議中にアイデアや企画を視覚化する、マインドマッピング機能付き。そのほか、活発な議論を促進する機能が数多いのが、日本製ではあまりみられない、この製品の特徴です。

サポート体制やその他

開発者であるドイツのStruktur社と契約し、サービスを利用することになりますが、その後のサポートなどはすべて日本のサイバーガーディアンズが日本語で行ってくれるので安心です。

Web会議の無料版を試す